GTA V
 
 

Su-25 Frogfoot v1.1
Author
ArmA 2 / Convert: DragoN777
Website
-
yft size
1,619KB
Base
hydra
DOWNLOAD
コチラからDL
Remarks
-

初飛行 : 1975年2月22日
運用開始 : 1981年

スホーイ設計局が開発した攻撃機で
アメリカのA-10の影響を受け開発が開始された機体

近接支援用の亜音速航空機であるために、主翼は直線翼に近く
前縁の後退角は19度、後縁の後退角はつけられていない
主翼配置は肩翼でエンジンも主翼付け根にあり、A-10の競争試作機であるYA-9と大まかなレイアウトが似ている

固定兵装はAO-17A 30mm2砲身機関砲1門、最大4400kgまで爆弾などを搭載できる
搭載エンジンはトゥマーンスキイR-195。
燃料効率は悪いものの、燃料に地上車両が使用するガソリンやディーゼル燃料を使用可能で
地上部隊との連携を容易にする工夫がなされている
また、操縦席をチタン合金で補強し、徹底的な防御手段を講じている
アフガニスタン侵攻の初期には、スティンガーミサイルによる撃墜が相次いだため
両エンジンの間にチタン板を入れて
片方のエンジンが被弾しても、もう片方のエンジンが影響を受けないように改修した

ソ連時代Su-25は主にトビリシで製造されていたが
グルジア共和国の独立後もグルジアの首都となったトビリシで製造が続けられている
グルジアとロシアはアブハジアや南オセチアなどを巡って対立状態にあるが
グルジアはSu-25をロシアに輸出しており
特に、グルジア共和国独立時の紛争では同じ「赤い星」をつけた
ロシア、グルジア、アプハーズィヤ各軍のSu-25が、互いの陣営や町を攻撃しあうという状況が生じたといわれ
誤認射撃による撃墜も何件か起きている

Su-25は現在ロシアでは主力攻撃機として用いられており
その他ウクライナやベラルーシなど旧ソ連諸国の他、アフリカや中東の数カ国で使用されている
ヨーロッパでは、ブルガリアとマケドニア共和国が2005年現在主力機のひとつとして運用が継続されているが
一方チェコとスロヴァキアではすでに退役している

性能諸元
 乗員 : 1名
 全長 : 15.36m
 全幅 : 14.36m
 全高 : 4.80m
 翼面積 : 30.1m²
 空虚重量 : 9,315kg
  通常離陸重量 : 14,600kg
  最大離陸重量 : 17,600kg
 燃料容量:3,000kg (-L)
 発動機 : Tumansky R-195 turbojets×2基
        Dry 44.18kN (9,480lbf) each
 推力重量比 : 0.51

 最大速度 : マッハ 0.8
 航続距離 : 2,500km
  フェリー飛行時 : -km
 離陸滑走距離 : 550m
 着陸滑走距離 : 600m
 実用上昇限度 : 22,960ft
 最大G : 6.5G

武装
 固定武装 : GSh-30-2 30mm ガトリング砲×1 250発
 最大兵装搭載量 : 6,000kg
 ハードポイント数 : 10

 空対空ミサイル : R-60(AA-8)
 空対地ミサイル : Kh-29L(AS-14), Kh-25(AS-10)
 その他 : 通常爆弾, ロケット弾, GSh-23L ガンポッド

派生型
Su-25 ソ連型の主生産型。テレビ画面を装備しておらずTV画像誘導ミサイルを運用できない
またHUDを装備しておらず、MiG-27と同系列のASP-17反射式照準機がコックピット正面にある
Su-25K Su-25の輸出型
Su-25UB 複座練習機
Su-25UBKSu-25UBの輸出型
Su-25UT
Su-28
複座練習機
Su-25UTG艦上練習機。生産機はロシアとウクライナとで半数ずつ分けられた
Su-25BM 標的曳航機
Su-25T テレビ画像誘導ミサイルが運用可能になりHUDを装備するようになった
Su-25TK Su-25Tの輸出型
Su-25TM
Su-39
複座型から開発された全天候型対戦車攻撃機
後部座席のかわりに新しい電子機器を搭載している
Su-25SM 1999年に初飛行したロシアのSU-25の改修型
Su-25KM グルジアのTAMとイスラエルのElbit Systems Ltdとで共同開発した改良型


「Grand Theft Auto」は「Rockstar Games」様の登録商標です

inserted by FC2 system