GTA V
 
 

B-1B Lancer with variable wings
Author
FSX / Convert: SkylineGTRFreak
Website
yft size
5,887KB
Base
-
DOWNLOAD
コチラからDL
Remarks
script。Numの1234で翼を動かせます

初飛行 : 1974年12月23日
運用開始 : 1986年10月1日

ロックウェル社が開発した戦略爆撃機で
超音速で敵領空内に低空侵入する長距離戦略核爆撃機として開発された

B-52の後継機として戦略爆撃機であるXB-70が開発されていたが開発が挫折し
「超低空飛行によって敵地奥深くまで侵攻し、核攻撃を行う必要がある」との戦略思想に基づき1970年より開発が開始された
さらにソ連の先制核攻撃によって滑走路が一部破壊されても残った滑走路で離陸できるようにSTOL性能も要求され
これらを満たすために可変後退翼が採用され、戦略爆撃機として開発された
しかし、現在は緊急近接航空支援という以前とはまったく別の任務を担っている

最高速度は、空気取り入れ口が可変式となっているA型でマッハ2.0
固定式となったB型ではマッハ1.25となっており
ステルス性を持つためレーダーによる発見率は低いといわれている


1977年6月にカーター政権下の軍縮によって開発・導入が中止され、完成した4機を用いて試験飛行だけが続けられた
しかし、1981年8月にレーガン政権による「強いアメリカ」政策によって計画が復活したが
この時には既に大陸間弾道ミサイルなどの大量配備により
大型長距離爆撃機による核爆弾攻撃という戦術は実情にそぐわなくなっており要求仕様が大きく変更され
特徴であった搭乗員室ごとの分離脱出システムの廃止
エンジン用空気取り入れ口を可変型から固定型の変更による最高速度の低下を行いつつもB-1Bとして生産が開始された

最高速度は低下したものの搭載兵器は多彩で
超低空侵攻による核/通常攻撃、通常の戦略爆撃、巡航ミサイルプラットホームが搭載可能で
地形追随レーダーや、赤外線監視装置、ドップラー・レーダー、ECMシステム等充実した電子機器を搭載している
なお、第二次戦略兵器削減条約の対象となったため、現在配備されている機体はすべて核兵器の搭載を行っていない
エンジントラブルや搭載しているCPUとECMのミスマッチングにより開発は遅延し、初の実戦投入は1998年の砂漠の狐作戦となった

攻撃性に優れているだけでなく自衛手段として
防御システム操作員によって操作される防御電子機器システム(DAS)を搭載している
DASは敵防御システムが発している電子信号を探知・識別し、指向性の高い大出力の電子信号を発して敵の信号を妨害する
電子妨害に加え、DASはチャフやフレアといった受動的対抗手段もコントロールしている
フレアは胴体上面の左右にある8つの収納庫に格納されている

性能諸元(B-25J)
 乗員 : 4名
 全長 : 44.5m
 全幅 : 24.1-41.8m(可変翼展開角度で変動)
 全高 : 10.36m
 翼面積 : 181.16m²
 空虚重量 : 87,100kg
  通常離陸重量 : 148,000kg
  最大離陸重量 : 216,400kg
 燃料容量:-kg (38,000L)
 発動機 : General Electric F101-GE-102 augmented turbofans×4基
       Dry 14,600lbf (64.9kN) / A/B 30,780lbf (136.92kN) each
 推力重量比 : 0.38

 最大速度 : マッハ1.25
 航続距離 : 11,999km
  フェリー飛行時 : -km
 離陸滑走距離 : -m
 着陸滑走距離 : -m
 実用上昇限度 : 60,000ft
 最大G : -

武装
 最大兵装搭載量 : 34,000kg
 ハードポイント数 : 6

 巡航ミサイル : AGM-158 JASSM
 空対地ミサイル : AGM-154 JSOW
 自由落下爆弾 : Mk-62, Mk-65, Mk-82, Mk-84
 クラスター爆弾 : CBU-87/89/97/103/104/105
 精密誘導爆弾 : GBU-31/38/39/54
 核爆弾 : B61/B83


「Grand Theft Auto」は「Rockstar Games」様の登録商標です

inserted by FC2 system