GTA V
 
 

Boeing 707-300 v1.1
Author
Convert: SkylineGTRFreak, Zackintosh
Website
-
yft size
5,569KB
Base
-
DOWNLOAD
Remarks
-

初飛行 : 1957年12月20日
運用開始 : 1958年10月

ボーイング社が開発した大型ジェット旅客機
ダグラス DC-8やコンベア CV880と並び、第1世代ジェット旅客機を代表する機種である

707の原型機はアメリカ合衆国初のジェット輸送機の試作機の367-80
アメリカ空軍初の大型ジェット輸送機として採用される事を見込んで
航空会社からの発注も受けていない状態で、1940年代後半から自社資金で開発に着手し
1954年に原型機367-80を初飛行させた完全なる見切り発車であったものの
東西冷戦下における急激なジェット戦闘機の普及に伴い当時需要が切迫していた空中給油機仕様のKC-135として先ず大量発注を受け
その後、旅客機型のボーイング707が開発された。

就航当時に懸念された燃費は、旺盛な旅客需要で相殺されており
さらに改良型が相次いで投入されたことで燃費も向上し
1970年に就航した大型長距離用機のボーイング747、中型短距離用機材のボーイング737と共に
ボーイングのジェット旅客機のラインナップの中核としてその後も順調に受注数を伸ばし
最終的には大型ジェット旅客機の処女作にして1,000機以上が製造さたベストセラー機となった

707-120707-120B707-320707-320B
乗員
3名
定員
189名 (maximum)
147名 (2-class) / 219名 (maximum)
全長 44.04m 44.22m 46.61m 46.61m
全幅
39.90m
43.41m 44.42m
全高
11.79m
12.93m
最大離陸重量 112,037kg 116,570kg 142,881kg 151,320kg
空虚重量 49,760kg 55,580kg 54,432kg 66,406kg
燃料容量 51,020L 65,600L 80,000L 90,300L
離陸滑走距離 3,109m 2,900m 3,353m 3,280m
着陸滑走距離 1,829m 1,890m 1,966m 1,814m
航続距離 6,940km 8,704km 9,110km 10,650km
最大速度 917km/h 974km/h 960km/h 890km/h
発動機 (x4) Pratt & Whitney JT3C-6
11,200lbf (50kN) dry
13,000lbf (58kN) water injection
Pratt & Whitney JT3D-1
17,000lbf (76kN)
Pratt & Whitney JT4A-3
15,800lbf (70kN) dry only
PW JT3D-3
18,000lbf (80kN)
PW JT3D-7
19,000lbf (84.4kN)

民間型
-120 量産型
-138 オーストラリアのカンタス航空の要望により、航続距離延長を目的に胴体を短縮したタイプ
-220 -120の機体に「JT4A」エンジンを搭載。燃費効率が悪く航空会社からの評判が悪かったため、わずか5機のみ製造された
-320 -220の胴体と翼を延長し搭載量を増した発展型
-320B -320のエンジンを「JT3D-3B」に換装。
エンジンのターボファン化により燃費が大幅に向上し航続距離が伸びたため
東京-モスクワ間ノンストップ飛行や、太平洋無着陸飛行も可能になった。
旅客型が-320B、貨客混載型(純貨物型も)が-320Cである
-420 -320型をベースに、ロールス・ロイスのエンジン「Mk.508」を搭載
Boeing 720 短中距離用への就航を狙って開発されたバージョン。
-120の胴体を2.54m縮め、少なくなったペイロードと燃料搭載量に対応して軽量化もしている
主翼前縁内側の形状を変更して空力も改善されている
Boeing 720B 720型をベースに「JT3D」エンジンを搭載

軍用型
C-137 輸送機
VC-137 大統領専用機、ケネディからレーガンにかけて
28年間の間「エアフォースワン」として使用された
E-3 早期警戒管制機
E-6 通信中継機
E-8 地上の監視を目的とした機体。中古の707-320をノースロップ・グラマンが改造
KC-707 707ベースの空中給油機
Y-10 上海航空機製造会社が、中国民航にあった707を無断で分解調査し制作した模造機。2機製造


「Grand Theft Auto」は「Rockstar Games」様の登録商標です

inserted by FC2 system