GTA V
 
 

Boeing 747-8i
Author
Convert: SkylineGTRFreak
Website
-
yft size
3,707KB
Base
-
DOWNLOAD
コチラからDL
Remarks
-

初飛行 : 1969年2月9日
運用開始 : 1970年1月22日

ボーイング社が開発した大型旅客機でジャンボジェットの愛称で有名な機体で
2005年にエアバスA380が初飛行するまでは世界一巨大な旅客機であった

航空機による安価な大量輸送を実現し
それまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行(特に国外旅行)を可能にした画期的な機体で
現在も最新型が生産中と長きにわたり運用されている
また、同社の民間航空機部門唯一の4発ワイドボディ旅客機でもあります

性能諸元 747-100 747-400ER747-8
乗員 3名 2名 2名
定員 366-452名416-524名467名
全長 70.6m 70.6m 76.4m
全幅 59.6m 64.4m 68.5m
全高 19.3m 19.4m 19.5m
翼面積   510.95m² 541m² -m²
空虚重量 162,400kg180,800kg-kg
通常離陸重量-kg -kg -kg
最大離陸重量333,390kg412,800kg440,000kg
発動機 P&W JT9D turbofan x4基
Dry 209kN each
P&W PW4062 turbofan x4基
Dry 281.57kN each
GE社 GEnx-2B67 turbofan x4基
Dry 66,500lb
推力重量比 - - -
                   
最大速度 マッハ0.89マッハ0.92マッハ0.92
航続距離 9,800km 14,200km15,000km
離陸滑走距離-m -m -m
着陸滑走距離-m -m -m
実用上昇限度-ft -ft -ft

派生型
747-100 1970年に就航した747の初期モデル。
登場時には主にエンジンの出力の問題から航続距離等が予定性能に達せず
1970年に入りエンジンを順次パワーアップして充分な航続性能を持つようになった
747-SP パンアメリカン航空による、東京-ニューヨーク無着陸直行便の要望を受けて開発
100型を短胴化して重量を低減することにより、航続距離の増大をはかったモデル。
初就航1976年。生産機数45機
747SR-100 1便当たりの乗客が多い路線が多く、しかも短距離であるために離着陸回数が多い日本市場専用に
-100型をベースとして開発された短距離路線専用モデル
747-100BSR -100SR型の最大離陸重量を増加した型
747-100B/SUD-300型のボディに-100B型のエンジンを搭載したモデルで
日本航空が発注したのみでわずか2機しか生産されていない
747-200B -100型の機体構造を強化して性能を上げたモデル
747クラシックの標準的な旅客機型の機体で、航空会社によってエンジンメーカーも異なる
747-200C 貨物・旅客または客貨混合輸送も可能としたコンバーチブル機
機首部にはバイザー式貨物扉やサイドカーゴドアを装備している
生産数はそれほど多くはなく大抵は貨物専用機で使用しているところが多い
747-200F 1969年にルフトハンザ航空の発注により開発された貨物型
サイドカーゴドア、機首部にバイザー式貨物扉、床面に動力式のローディングシステムを装備している
747-200M 貨客混載型。サイドカーゴドアを通して、メインデッキの後部に貨物を積むことが可能
メインデッキに旅客部分と貨物部分を分ける可動式のパーティションを設置している
3クラスの設定で238席まで設置可能であった
747-300 1982年に初飛行した-200型の2階部分を後方に延長した型。
空気抵抗の増加が少ない割りに座席数を大幅に増やせるため、航空会社に広く受け入れられた
747-300SR 短距離、高容量の国内型で日本市場向けに生産された型
1988年にSR-100型の後継機として日本航空に納入された
2階席部分の客室が延ばされたために当時としては世界最大の座席数を誇っていた
この-300SRは世界でも4機しか生産されていない
747-300M 貨客混載型。左翼の後方のメインデッキにサイドカーゴドアを装備している
747-400 -300型までの「747クラシック」の後継機として、1989年に運航を開始した
新世代の技術を投入し開発されたモデルで「ハイテクジャンボ」と呼ばれる
航空機関士を要しない2人乗務可能等で在来型から劇的な進化を遂げた型
747-400F -400型の貨物型。
アッパーデッキの延長による機体重量の増加、貨物室容積の減少などの弊害のほうが大きいため
-400型でありながら、-200型と同様のショートアッパーデッキとなっている
747-400M 貨客混載型。サイドカーゴドアを装備している。1989年6月30日に初飛行
747-400ER -400型の航続距離延長型。初飛行は2002年7月31日
747-400ERF -400ERの貨物型。外観は-400F型と同一ですが、コクピットで一部アナログ部分がデジタルになっている
初飛行は2002年9月。総生産機数は40機。
747-400D 日本のJALとANAのみが発注した日本国内線専用仕様
短距離・多頻度運航を実現するため機体構造を強化し、必要のない機能を減らして座席数を増やしている
空港の制限と短距離の路線の為、主翼端のウィングレットは未実装
初飛行は1991年3月15日
747-400BCF 旅客機転用型貨物型。ボーイングが提供する改造プログラム。改造後初飛行は2005年10月5日。
747-400および747-400Mの中古機にサイドカーゴドアを装着するなどして貨物型に改修した機体
747-400BDSF -400BCFと同じく旅客機転用型貨物機。
イスラエルのイスラエル航空工業 (IAI) が独自に提供する改造プログラム
747-400LCF ボーイング787の部品を各製造国からアメリカの最終組立工場に輸送するために
中古の747-400を改修した大型特殊貨物機
ウィングレットは試験飛行中に振動が生じたため撤去されており
機体内部空間確保のために胴体のみが拡大され、胴体だけがむくれ上がった奇妙な形態をしている
747-8 787に似た主翼そして同じエンジンを装備し、わずかに胴体を延長した747の最新モデル
旅客型の-8ICと貨物型の-8Fがある。民間航空機部門では世界最長の航空機


「Grand Theft Auto」は「Rockstar Games」様の登録商標です

inserted by FC2 system