GTA V
 
 

CF-18A Hornet
Author
SkylineGTRFreak
Website
yft size
2,270KB
Base
lazer
DOWNLOAD
コチラからDL
Remarks
カナダ空軍のF/A-18。AfterBurner

初飛行 : 1978年11月18日 (FSD 1号機)
運用開始 : 1983年1月7日

マクドネル・ダグラス社が開発した戦闘攻撃機
現在は発展型であるF/A-18E/Fはスーパーホーネット、それ以前はレガシー ホーネットと記載・呼称されることがある

当時海軍で使用していた、F-14が艦隊防空に特化した戦闘機であり、また価格が極めて高価になり
また、A-7攻撃機の後継機を必要とした事から、制空戦闘と対地攻撃の両能力を持つ艦上戦闘機の開発が開始され
LWF(軽量戦闘機)計画で提案され、YF-16に敗れたノースロップのYF-17を採用して発展させF/A-18を採用した
YF-16ではなくYF-17を採用した理由としては、海上でのエンジン異常が致命的である為とされている

YF-17開発元のノースロップ社ではなく、マクドネル・ダグラス社とした
アメリカ海軍はその理由を、ノースロップ社には艦上機開発実績が無いためとしていた
マクドネル・ダグラス社のボーイング社への吸収合併以降、F/A-18はボーイングのブランドとなっている

性能諸元
 乗員 : A/C 1名, B/D:2名
 全長 : 17.07m
 全幅 : 12.3m
 全高 : 4.66m
 翼面積 : 37.2m²
 空虚重量(A/B) : 12,973kg
 空虚重量(C/D) : 10,400kg
  通常離陸重量(A/B) : -kg
  通常離陸重量(C/D) : 16,770kg
  最大離陸重量(A/B) : 21,888kg
  最大離陸重量(C/D) : 23,542kg
 燃料容量:4,930kg (-L)
 発動機(A/B) : GE F404-GE-400 Turbofan×2基, Dry 5,600kgf / A/B 9,479kgf each
 発動機(C/D) : GE F404-GE-402×2基, Dry 7,300kgf / A/B 12,520kgf each
 推力重量比 : 0.96

 最大速度 : A/B M 1.7+, C/D M 1.8
 航続距離 : 2,000km
  フェリー飛行時 : 3,330km
 離陸滑走距離 : -m
 着陸滑走距離 : -m
 実用上昇限度 : C/D 50,000ft
 最大G : -

武装
 固定武装 : M61A1 20mm バルカン砲×1 578発
 最大兵装搭載量 : 6,215kg
 ハードポイント数 : 9

 空対空ミサイル
  短距離 : AIM-9,AIM-132,IRIS-T
  中距離 : AIM-7,AIM-120
  長距離 : AIM-54
 空対地ミサイル : AGM-65,AGM-84K,AGM-154
 巡航ミサイル : KEPD 350
 ステルス巡航ミサイル : AGM-158
 空対艦ミサイル : AGM-84
 対レーダーミサイル : AGM-88

 ロケット弾 : Hydra 70, Zuni rockets
 自由落下爆弾 : Mk 20/82/83/84, CBU-87/89/97, GBU-10/12/16/24/39
 精密誘導爆弾 : JDAM
 核爆弾 : B61/83

アメリカ国内型
F/A-18A/B 1979年より生産された初期型。B型は複座型で当初はTF-18の名称だった
複座型であるF/A-18Bは訓練用として使用されていた
F/A-18(R) 機関砲を撤去し、カメラを搭載した偵察機型
RF-18D 海軍向けの複座偵察機型。計画のみ
F-18 HARV F/A-18AをベースとしたHARV高迎え角研究機(High Alpha Research Vehicle)実験用の機体
X-53 F/A-18Aをベースとした能動空力弾性翼 (Active Aeroelastic Wing) 実験用の機体
F/A-18C / D 単座型はC、複座型はD。F/A-18Cの初飛行は1987年9月3日
様々な改良がなされた型式で、1988年には夜間攻撃型のF/A-18Dが初飛行している
F/A-18F 1999年より配備されたF/A-18A-Dの発展型。単座型はE、複座型はFとなる
A-D型まではレガシーホーネット、E型以降はスーパーホーネットと呼ばれている
F/A-18E/F
Block 2
F/A-18E/Fのアップグレード型。後席に大型ディスプレイを搭載する等アビオニクスが改良されている
EA-18G EA-6Bの後継機として開発された電子戦機。
専任の電子戦要員を必要とするため複座のF/A-18Fをベース機としている
初飛行は2006年8月16日
F-18L ノースロップが主契約となる輸出用として開発した機体
海軍仕様の降着装置の簡素化、主翼折りたたみ装置の撤去
翼下パイロンの増設や簡略化した電子機器を搭載する機体となっている
モックアップのみの段階のまま受注がなく試作機すら製作されずに終わった

輸出型
CF-18A/B カナダ空軍向け機体。カナダ軍における名称はCF-188A/B。138機製造
AF-18A/B オーストラリア空軍向け機体。75機製造
EF-18A/B スペイン空軍向け機体。スペインでの名称はC.15およびCE.15。72機製造
KAF-18C/Dクウェート空軍向け機体の非公式名称。40機製造


「Grand Theft Auto」は「Rockstar Games」様の登録商標です

inserted by FC2 system