GTA V
 
 

MH-60S Knight hawk
Author
SkylineGTRFreak
Website
yft size
8,111KB
Base
valkyrie
DOWNLOAD
コチラからDL
Remarks
-

初飛行 : 1974年11月29日
運用開始 : 1979年

Sikorsky社製の中型多目的ヘリコプターで
1983年のグレナダ侵攻以降の殆どの紛争に参加している
採用国、種類がとても多く、最近ではウサーマ・ビン・ラーディン殺害時に使用された
極度に改良されたステルス仕様が有名

性能諸元
 乗員 : 2名
 全長 : 19.76m
 全幅 : 2.36m
 全高 : 5.13m
 主回転翼直径 : 16.36m
 ローター面積 : 210m²
 空虚重量 : 4,819kg
  通常離陸重量 : 9,980kg
  最大離陸重量 : 10,660kg
 最大輸送能力 : 4,050kg
 発動機 : General Electric T700-GE-701C turboshaft x2基, 1,410kN (1,890bhp) each
 推力重量比 : -

 最大速度 : 295km/h
 航続距離 : 2,220km
 実用上昇限度 : 19,000ft

武装
 機銃 : M240×2, M134×2, GAU-19×2
 最大兵装搭載量 : -kg
 ハードポイント数 : -

 空対地ミサイル : AGM-114
 ロケット弾 : ハイドラ70 70mmロケット弾
 ガンポッド : 7.62mm, 20mm, M230(30mm)
 その他 : VOLCANO 地雷散布システム
     以下は外部搭載支援システム(ESSS)に搭載可能な武装

汎用型
YUH-60A 試験、調査目的で製作された試作機。1974年10月17日初飛行(4機製造)
UH-60A アメリカ陸軍採用型。T700-GE-700エンジン搭載型。1977年-1989年まで製造
UH-60C 指揮及び統制システム(C2)を搭載した改良型
CH-60E アメリカ海兵隊提案型
UH-60L T700-GE-701Cエンジンに換装。各種システムの改良。1989-2007年まで生産
UH-60M T700-GE-701Dエンジンに換装。各種システムの改良。グラスコックピット化型。2006年製造開始
UH-60M フライ・バイ・ワイヤ採用。CAAS型コックピットの採用。2008年飛行試験開始

特殊形態
EH-60A 電気系強化型。この改良は基本型UH-60Aに反映
YEH-60B UH-60Aの改良型。特殊レーダーとアビオニクス搭載
EH-60C UH-60Aの改良型。特殊電装機器と外部アンテナを搭載。この改良は基本型UH-60Aに反映
EUH-60L UH-60Lの改良型。指揮及び統制システム搭載型
EH-60L EH-60Aの改良型。搭載機器の改良が行われた
UH-60Q UH-60Aの改良型。負傷兵搬送を目的とした医療任務型
HH-60L UH-60Lの高度改良型。医療任務に特化した機体
HH-60M 米陸軍型。UH-60Mに医療機器を搭載したMEDEVAC対応型
MH-60A 米陸軍型。30機のUH-60Aが改良されている。ナイトビジョン・FLIRの搭載
M134ミニガンの採用。増槽を追加。T700-GE-701 エンジン搭載。1980年代前半から使用開始
MH-60K 米陸軍型。特殊作戦仕様。空中給油用のプローブ装備。1988年に使用開始
T700-GE-701C エンジン搭載。グラスコックピットの採用
AN/APQ-174B型マルチモードレーダー搭載。カラー天気図、改良された防御電子機器などを搭載
MH-60L 米陸軍型。特殊作戦機の改良型。1980年代に開発が保留されていたMH-60Kの暫定型

DAP形態
MH-60L(DAP) 米陸軍型。DAP又はESSS又はETS翼が装備された
M230機関砲、ロケットポッド、その他の武装が施された、M134Dミニガンの搭載
MH-60M 米陸軍型。UH-60Mの特殊作戦機型。新型コックピット(CAAS)の採用。YT706-GE-700エンジンの搭載
MH-60(stealth helicopter)MH-60の改良型。ウサマ・ビン・ラディン作戦に使用された(1-2機製造)
UH-60A RASCAL NASAで使用された。ヘリコプターの運動性能検証型
VH-60D 米海兵隊型。HH-60Dを基にしたVIP仕様。政府要人輸送に使用された。T700-GE-401Cエンジン搭載
VH-60N 米海兵隊型。UH-60Aを基に製作された政府専用ヘリコプター。1988年に使用開始(9機製造)

海軍型
SH-60B アメリカ海軍採用
SH-60F アメリカ海軍の空母搭載型
SH-60J 日本向け
SH-60K 日本の自主開発
MH-60S HH-60Hによって担われてきた捜索救難・輸送任務を継承する新機種
MH-60R SH-60BとSH-60Fの能力を統合した海軍の後継機

輸出型
UH-60J 自衛隊採用型。航空自衛隊が独自改良した救難ヘリコプター
UH-60JA 陸上自衛隊採用型
AH-60L コロンビア輸出型。電子機器の改良、武装を見直したコイン機仕様
AH-60L プロジェクトAIR87計画によりオーストラリア陸軍に採用される予定であったが入札に失敗
UH-60P 大韓民国採用型。UH-60Lを基に多少の改善が行われている(150機製造)

シコルスキーによる輸出型
S-70A-1 サウジアラビア陸軍輸出型
S-70A-L1 サウジアラビア陸軍にて採用されている負傷兵搬出任務機
S-70-5 フィリピン空軍輸出型
S-70-6 タイ輸出型
S-70A-9 オーストラリア輸出型
S-70-11 ヨルダン空軍輸出型
S-70-12 捜索救難型。航空自衛隊、海上自衛隊にて採用。UH-60Jとしても知られる
S-70-14 ブルネイ輸出型
S-70-16 ロールス・ロイス/チュルボメカ、RTM332エンジン用テストベッドとして使用された
S-70-17 トルコ輸出型
S-70-18 大韓民国輸出型。UH-60P、HH-60Pのライセンス生産モデル
S-70-19 イギリス輸出型。ウエストランド・エアクラフトによるライセンス生産。AWS-70としても知られる
S-70-20 タイ輸出型。要人輸送仕様
S-70-21 エジプト輸出型
S-70-22 大韓民国輸出型。要人輸送仕様であるVH-60Pのライセンス生産モデル
S-70-24 メキシコ輸出型
S-70-26 モロッコ輸出型
S-70-27 捜索救難型。香港政府により運用されている(3機製造)
S-70A-30 アルゼンチン空軍輸出型。要人輸送仕様。(1機製造)
S-70A-39 チリ輸出型。要人輸送仕様(1機製造)
S-70A-42 オーストリア輸出型
S-70A-43 タイ陸軍輸出型
S-70A-50 イスラエル輸出型
S-70i 軍事用輸出型であり、ポーランドにあるシコルスキー子会社の(PZL Mielec)にて製造


「Grand Theft Auto」は「Rockstar Games」様の登録商標です

inserted by FC2 system